2015-06-15

パラドックス13

なかなか読みたい!という本が見つけられず、、
定番的な東野圭吾をひさしぶりに読むことにしました。

超常現象(?)により数人の人を除いて人類が消滅してしまった世界で
残された人々はどうなるのか、、

一種のパニック系ストーリーなわけですが、
前半で不測の事態で盛り上がり、
中盤は残された人々の諍いや人間模様が描かれ、
そして最後は、、というのがお決まりのパターンではないかと思います。

(さらに…)

2013-05-24

プラチナデータ

東野圭吾の本を読むのはかなり久しぶりな気がします。
(そもそも読書のペースが相当に下がっているからなのですが。。)

映画化もされて、なんとなくのあらすじは知っていて、
ハラハラドキドキな展開をちょっと期待していたのですが、
思ったほどではなかったかな、という感じです。

(さらに…)

2011-10-31

ガリレオの苦悩

ガリレオシリーズはすっかり福山雅治のイメージがついて、
人気シリーズになってしまいましたね。
キャラ設定はまあまあ好きだったので、続いていくのは楽しみです。

(さらに…)

2010-10-20

白銀ジャック

なにやら実業之日本社文庫なる新たな文庫シリーズができたらしく、
結構有名どころな作家の本が出ていました。

東野圭吾の本で、誘拐犯が出てくるようなエンターテイメント小説は
最近ではかなり珍しいな~と思いました。
かなり昔に「天空の蜂」という本を読みましたが、そのイメージをちょっと想像。

実際に読むと、そこまでアクションって感じではなかったのですが、
最後の最後までどうなるのか?というのを引っ張りつつ、
そして最後にすべてを見事にまとめてしまっているのはさすがだなーと思いました。

舞台は違えど、ちょっと似たような話を読んだような気もするのですが、
単純に楽しんで読むことができました。


「白銀ジャック」
東野 圭吾
実業之日本社文庫
★★★★☆(4点)

2010-09-28

東野圭吾ミステリー

会社の子から借りました。
東野圭吾のコミック本があるんですね~。

ちょっと背筋がゾクっと系の短編ミステリーが7作。
悪女がらみの話がかなり多かった気がします。

印象に残ったのは「天使の耳」でしょうか。
ちょっと腑に落ちない部分もありつつだったのですが、
ああいうひっくり返し方はなかなかゾクゾクしますね。

「東野圭吾ミステリー」
★★★☆☆(3点)

2010-03-07



読み始めは最近の東野圭吾らしく(?)、ちょっと重たいなあと思っていたのですが、
途中からはかなりどういう結末を迎えるのか、と気になって一気に読みました。

「使命」という言葉をキーワードに、事件やいろんな人々の想いが交錯し、
読み応え、読後感ともに満足な1冊でした。


「使命と魂のリミット」
東野 圭吾
角川文庫
★★★★☆(4点)

2010-01-08



東野圭吾の昔の作品はどれを読んだか定かでなくなってきているので、
この本もそういう意味でドキドキだったのですが、幸い読んだことはありませんでした。

昔の東野圭吾らしいミステリー展開で、読ませる雰囲気はあるのですが、
自分にしては珍しく少し先が読めてしまったことと、
動機づけなどの部分でちょっと・・・という部分があったので、
最後でちょっと残念でした。


「ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー」
東野 圭吾
光文社文庫
★★★☆☆(3点)

2009-12-14



東野圭吾は好きな作家なのですが、最近多い社会派系の話はあまり好きになれなくて
この本も買うのをずっと保留にしていました。

いつも通り読み出したら止まらずに一気に読み終えてしまったのですが、
予想通りにあまり好きではありませんでした。

(さらに…)

2009-09-15



あらすじを読んでちょっと暗い気分になりそうな気がしたので、
買うのをしばらく敬遠していたのですが、東野圭吾やしってことで、
やはり買ってしまいました。

最初は想像していた以上に暗ーーい気分になりましたが、
事件を追う展開になってからはかなり読みやすかったです。

自分にしては珍しく少し先の展開が読めてしまった部分はあるのですが、
終わり方が少し気持ちよく終わったので、最後に好印象でした。


「赤い指」
東野 圭吾
講談社文庫
★★★★☆(4点)

2008-12-05


辻村深月の本の余韻を味わいたかったこともあって、
少し読書間隔をあけ、気楽に楽しめそうな本を選びました。

東野圭吾も短編はさほど読んでいなかったのですが、
この本の話はどれも作家ならではの裏話的なものがあったり、
星新一を連想させるようなトリッキーな話があったりと
かなり楽しめました。

小説・作家というテーマでこれだけいろんな話を詰め込む
東野圭吾にはあらためて脱帽です。


「超・殺人事件 推理作家の苦悩」
東野 圭吾
新調文庫
★★★★☆(4点)