2013-11-14

塩の街


今さらながらですが、人気作家・有川浩のデビュー作。
突如として地球を襲った塩の塊によって、街はおろか、人も徐々に塩化して亡くなっていくという
ある意味パニック小説的な世界がどういう展開を見せるのか、期待しながら読み進めました。

平和という前提がなくなった塩害がはびこる世界で、
無愛想ながらも根はやさしい秋庭と、一緒に暮らしている女子高生の真奈の2人を中心に
いろんな人物が絡んできて、、というベースではあるのですが、
途中からはもう完全な恋愛小説になってしまうんですよね。

(さらに…)

2013-07-20

県庁おもてなし課

映画化もされていて話題の一作。
しかもなにげに有川浩の本ってちゃんと読んだことがなかったんですよね。。
(以前にいろんな作家の短篇集ではあったのですが)

「おもてなし課」という課が役所にできたというのは本でも書かれているように
ネーミングで印象に残るものですが、高知県に実際にあるとのこと。
この本はフィクションとなっていますが、最初の部分は実際のことを踏まえて
書いている部分もあるらしいです。

(さらに…)