2014-06-14

私たちが星座を盗んだ理由

きれいなタイトルとは裏腹に、ちょっと毒を含んだストーリーの短編集。
こういうタイプの話は結構好きです。

どれも個性的なストーリーではありますが、ちょっとファンタジー要素もある
「終の童話」が一番好きでした。
あと「妖精の学校」はオチがわからなかったので調べてみました。なるほど、、


「私たちが星座を盗んだ理由」
北山 猛邦
朝日文庫
★★★★☆(4点)