2015-06-15

パラドックス13

なかなか読みたい!という本が見つけられず、、
定番的な東野圭吾をひさしぶりに読むことにしました。

超常現象(?)により数人の人を除いて人類が消滅してしまった世界で
残された人々はどうなるのか、、

一種のパニック系ストーリーなわけですが、
前半で不測の事態で盛り上がり、
中盤は残された人々の諍いや人間模様が描かれ、
そして最後は、、というのがお決まりのパターンではないかと思います。

(さらに…)

2015-05-29

世界から猫が消えたなら

2年前にかなり話題になっていた本なので、やや今さら感もありますが、、

突如として余命わずかと告げられた主人公の前に悪魔がやってきて、
というような話って結構いっぱいあると思うんですよね。
ただそこで世界から何かを消す代わりに1日長く生きることができる、
という発想はおもしろいな、と思います。

以下、ちょっとだけネタバレです。
(さらに…)

2015-05-22

夜の国のクーパー

伊坂幸太郎ばかり読んでいる気がしますが、、

冴えない公務員の「私」が釣りに出かけて船が転覆し、
気づくと縛られた上で、胸に乗っかった猫に話しかけられる、、

このストーリーの出だしだけで、これは自分的にわりと好きな伊坂ワールドが
楽しめそうだな、と思いました。

戦争でいきなり敵国に支配された土地で起こる混乱、
猫と鼠の対話、そして何より杉の木が蛹をへて動き出すという「クーパー」。
いろんな不思議がだんだんとつながっていくストーリーは
なんとも読んでいて気持ち良かったです。


「夜の国のクーパー」
伊坂 幸太郎
創元推理文庫
★★★★☆(4点)

2015-05-08

PK

長いこと読書熱が冷めていたので、読むのにかなり時間がかかってしまいました。。

一見関係のなさそうな話がつながっていき、、というのはよくあるものですが、
つながるようなつながらないような、微妙に矛盾があるような、、
というあたりが良くも悪くも読むスピードを鈍らせたのかもです。
それでも最後に話がつながったときには、ちょっと気持ちよかったですが。

「勇気は伝染する」という言葉は非常に印象に残ったのですが、
ストーリーとしてはちょっと散漫で印象に残らなかったかも、というところでしょうか。


「PK」
伊坂 幸太郎
講談社文庫
★★★☆☆(3点)

2014-12-15

大神兄弟探偵社

表紙の雰囲気がカッコ良かったのと、テンポよく読めそうな気がして購入。
大神兄弟をはじめ、キャラはみんな特徴的でよいと思うのですが、
ちょっとストーリーにこねくり回した感がある気がして
(探偵モノなのでそんなものかもしれませんが、、)
そこがちょっと残念だったな、という印象です。

「大神兄弟探偵社」
里見 蘭
新潮文庫
★★★★☆(4点)

2014-11-25

BRUTUS「特集 進撃の巨人」

11/28(金)から東京の上野の森美術館で「進撃の巨人展」がはじまるのにあわせて、
いろんな雑誌などで取り上げられていますねー。

このBRUTUSでは実物展示などの製作過程などが紹介されていて、
実際にこの目で見て体感したい!と思わずにはいられません。

幸いに東京出張が多いのでぜひ行こうと思っていたのですが、、
開館時間がなんと10時から17時!!!
土日祝は20時までとのことなんですが、平日こそ遅くまでやってほしいです、泣

進撃の巨人展
http://www.kyojinten.jp

2014-10-30

PSYCHO-PASS サイコパス (0) 名前のない怪物

アニメ「サイコパス」のスピンオフ小説。
“監視官”だった咬噛(こうがみ)が何をきっかけに“執行官”へ堕ちてゆくのか、
と聞かされるとこれはもう読まないわけにはいきません。

もともとアニメを見ていたので「監視官・執行官」という立場や「ドミネーター」、
「シビュラシステム」についてもわかっていたのですが、いきなり本を読むとツライかもですね。

(以下ややネタバレあり)
(さらに…)

2014-10-10

ジェノサイド

上巻を読むのにかなりの時間を費やしてしまったのですが、
下巻は東京出張の新幹線の往復にて一気に読み終えました。

自分の読書熱の問題ももちろんあるとは思うのですが、前半は全貌が見えづらいこともあり
あまり引き込まれる感がなかった気がします。

多少設定に無理を感じる場面もありましたが、それを言い出すと全体のストーリーすら
否定することになりかねないので、深く考えずに読み進めるのがよいですね。

余談ですが表紙の写真を撮ってみて、、ちょっと地味すぎやしませんかね。。

(以下少しネタばれあり)
(さらに…)

2014-06-14

私たちが星座を盗んだ理由

きれいなタイトルとは裏腹に、ちょっと毒を含んだストーリーの短編集。
こういうタイプの話は結構好きです。

どれも個性的なストーリーではありますが、ちょっとファンタジー要素もある
「終の童話」が一番好きでした。
あと「妖精の学校」はオチがわからなかったので調べてみました。なるほど、、


「私たちが星座を盗んだ理由」
北山 猛邦
朝日文庫
★★★★☆(4点)

2014-01-24

photo20140124_01

「ブルー・ゴールド」というタイトルなので、当然のことながら水資源をめぐる争い
のストーリーではあるのですが、ちょっと規模感が町レベルなのが、、

登場人物ははクセのあるタイプが多くておもしろいのですが、
あまりぐいぐい引き込まれる感じではなかったです。


「ブルー・ゴールド」
真保 裕一
朝日文庫
★★★☆☆(3点)