2013-05-30

[読書] カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

中途半端に読んだ後に映画を観てしまい、宙ぶらりんになっていたのを
もう一度最初から読み直しました。

道尾秀介らしい仕掛けは今回も健在で、特に話が詐欺師が主人公とあって
そのだましっぷりは徹底していてスゴイと思います。
登場人物もそれぞれの味のある人が揃っていながら、
うまくファミリー感のあるまとまりができているのも良かったです。

映画と本で多少の違いはありますが、ほぼほぼ同じ展開ですし、
映画のキャストもなかなか絶妙だなーと思いました。
個人的には貫太郎のキャラが結構好きでした。


「カラスの親指 by rule of CROW’s thumb」
道尾 秀介
講談社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: