2012-08-23

[読書] 悪の教典(上)(下)

悪の教典

単行本のときからこれはちょっと読んでみたいなと思っていて、
ひさしぶりにわりと一気読みな感じで読み終えました。

悪のヒーローものとでもいったらいいのでしょうか。
こういう作品っていったいどれくらいの人がハスミンに対して
共感というか、惹き付けられるのかなあと気になってしまいます。
自分的には惹き付けられました。

(以下ネタバレあり)

ただちょっと簡単に殺し過ぎじゃない??と思ってしまいました。
当然のことながらやればやるほどに自分の逃げ場所もなくなってしまいますし、
それが最後の大事件につながっていくとはいえ、
もうちょいクレバーさを発揮してほしかった気もします。

あとはやはり生徒が思いのほか冷静だったり、
彼はキーマンかもと思っていたらあっさり殺されたり、
生き残った二人の見過ごし方がハスミンらしくなかったり、と
ちょいちょい納得いかないというか、意外な箇所もあったでしょうか。

そして何よりもラスト!!
えー、このエピソードいる!?という気分でいっぱいでした。。

映画もどんな感じになるのか気になるところです。



「悪の教典(上)(下)」
貴志 祐介
文春文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: