2012-06-17

[プロ野球] 投高打低の試合をどう楽しむのか。

京セラドーム

京セラドームにオリックスVS中日を観に行ってきました。
わりと地味な対戦というイメージだったのですが、小学生無料券が配布されていたこともあるのか、
開始1時間前に行ったものの内野・外野とも1階の自由席は満席。
さすがに2階席はかなり空いていましたが、中日側もかなり人が入っていました。

試合は寺原と吉見が先発ということもあり、今シーズンを象徴するような投手戦。
最終回にちょい盛り上がりがあったものの、2-3でオリックスが負けてしまいました。


さて、去年からしきりに話題になっている飛ばない統一球。
今年も昨年に引き続き、投高打低の試合が多く、ノーヒットノーランをはじめ
完封試合もしょっちゅうです。
打撃ベストテンを見ても、セリーグ10位の打率は.270だったりします。

統一球だけでなくストライクゾーンが広がったことも影響しているといわれていますが、
やはり問題なのは試合を見ていて面白くないという意見が多いこと。
玄人スポーツライターのコラムなどでは、
魅せる守備や配球などのピッチング術を楽しむといったことも書かれていますが、
そんな楽しみ方ができるのは今やほんの一部の人だけでしょう。

チームにもよるとは思いますが、そもそも球場に来て楽しむのは
野球自体を楽しむというよりは、応援を楽しんでる部分が大きいと思うんですよね。
そう考えると見せ場が少ない投高打低の試合では楽しめる機会は
どうしても少なくなってしまう気がします。

もちろん、統一球やストライクゾーンの変更は、観客を楽しませるということとは
まったく違う目的で決定されたことなので、ここを一緒に論じるのはおかしいのですが、
やはり来年以降はまた少し工夫をしてもらいたいところだなと思います。

そして応援する側として、単純に楽しむ方法をひとつ。
今は打つときに応援して、守備のときは休憩みたいな雰囲気が多いと思うのですが、
守備のときもストライク取るごとに盛り上がったり、
アウトをとったらアウトを取ったときの応援歌(?)作ったりと、
そちらでも盛り上がる機会を作ってみてはどうですかねえ。

ピンチのときや最終回とかは守備のときでも盛り上がったりすることありますが、
もっともっとアウトを取ることに盛り上がってもいいのかも、と思いました。
どうでしょう?応援団さん??

Comment:

Trackback URL: