2012-04-27

[読書] ドミノ

ドミノ

恩田 陸さんは実に多彩な小説を書かれますね。
この「ドミノ」はタイトルの通りに最初のドミノがひとつ倒れたら次々に倒れていくような
怒涛な展開が楽しめるドタバタストーリー。
気負うことなく気楽に小説を楽しみたいときにオススメです。


舞台は東京駅なのですが、まあ実際に東京駅を知らなくても十分楽しめます。
また最初にある登場人物の一言も、興味をかなりそそりますが、
登場人物の数がちょっと多いので、こちらも最初はさらっと読み流し、
すべて読み終わった後や、ある程度読んだときに、戻りつつ読んでも楽しいです。

特に登場人物のだれかに共感した!とか、あの場面が印象的といったこともないですが、
本当に単純にストーリーを楽しめる1冊ではないかと思います。

「ドミノ」
恩田 陸
角川文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: