2012-03-30

[読書] 枯葉色グッドバイ

枯葉色グッドバイ

ある事情で刑事を辞めてホームレスになった男が
刑事や事件の被害者に依頼されて、事件を解決に導くという
ありそうで実際はないであろうストーリー。

ホームレス椎葉の世捨て人感はなかなか徹底されているのですが、
常にお酒を飲んでいないとダメな割りには、
言動がいつもかなりしっかりしているのだけはやや違和感です。

ですが、椎葉が次々と推理を働かせて事件を解決というのではなく、
あるヒントから導き出した説が、最終的には間違っていたりするのが
なかなか現実味があり、椎葉をスーパーマン的にしていなくて良かったです。


「枯葉色グッドバイ」
樋口 有介
文春文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: