2012-03-03

[読書] Another(上)(下)

Another

興味の湧くホラー小説ってあまりたくさんはないのですが、
これは表紙の雰囲気からしても面白そう!と感じました。
綾辻行人の本はメジャーながらもあまりこれまで読んだことがなかったのも
読んでみたいなーと思ったところです。

Anotherは最初から結構話題だったらしく、コミック化、アニメ化、
さらには映画化も決まっているようです。
アニメはちょうど今やっていて、本と同時進行するのもちょっと迷ったところでした。。

(以下、ちょっとネタばれあり)

ストーリーは26年前のある事件から毎年3年3組の関係者が次々と死に直面するという、
呪われた3年3組が舞台。

転校生の主人公、榊原と謎めいたクラスメイトの鳴を中心に
前半はどうしてもその現象の説明がわからなくて、ややスローペースな感じでしたが、
後半は一気にストーリーが加速する感じで単純に楽しめました。

ホラー小説としてみるとそこまではゾクゾク感はないかなーというのもあり、
(担任の先生はちょっとゾクゾクだったかも。。)
あとは榊原が鳴を気にする感じが不自然なくらいだったりと、
こまごま気になるところもなくはないですが、
ラストの修羅場的なシーンなど、読み応え感はありました。

誰が死者なのか、というところもビックリ!というほどではなかったですが、
一応ひねりもあって納得というところです。

そしてブログ用に写真を撮ってみると、あらためて表紙のインパクトが
好きだなーと思いました。


「Another」
綾辻 行人
角川文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: