2011-10-02

[読書] 氷菓

氷菓

米澤穂信のデビュー作がこの作品だそうで、全然知らなかったです。。
人気若手作家のひとりとしてすっかり有名な米澤穂信ですが、
自分的にはまだ辻村深月や道尾秀介ほど、これはいい!という作品はないです。


この本はある高校を舞台とした謎解きミステリー。
登場人物のシニカルな雰囲気はきらいではないのですが、
高校生の会話と考えるとやや不自然な気もしないでもないです。
まあ、そこはあまり気にしてはいけないポイントかもですが。

メインの謎解きの時代が古いからなのか、全体的に少し古くさいというか、
レトロな雰囲気を感じたような気がします。
終わり方も個人的には淡々とした印象で、
特になるほど!とかそうきたかーといったこともなかったので、
全体的に高校を舞台とした小説にしては、もの静かな感じでしょうか。

小説のストーリーとまったく関係ないですが、
あとがきの続きが気になります。。


「氷菓」
米澤 穂信
角川文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: