2011-09-20

[読書] チョコレートゲーム

チョコレートゲーム

連続殺人の原因として考えられる「チョコレートゲーム」とは
いったいどういったものなのか、、というのがこの本のもっとも気になるところなのですが、
自分的にはやや拍子抜けだったような気がします。
(以下ネタばれあり)


時代背景的なものもあるのかもしれませんが、
競馬というのが比較的身近というか、信じられない!みたいな感覚がなかったです。
もちろん中学生がやっていたとなると話は別なのかもしれませんが、
印象としてはあまりインパクトを感じなかったです。

それ以外の部分のトリック、犯人探しの部分というのは
趣向が凝らしてあって、かつ人間描写もいい感じに描かれていたので、
それだけにチョコレートゲームの内容がううむ、といった感じでした。


「チョコレートゲーム」
岡嶋 二人
講談社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: