2011-09-11

[読書] 四日間の奇蹟

四日間の奇蹟

本屋でパラパラっと見て、読んだような気がするけど、
どんな内容だったかまったく思い出せない感じだったので、
たぶん読んでないのかなーと買うことにしました。


しかし読み進めていってもなんか読んだような・・・という気持ちは続き、
第3章にいたって、ようやく以前に読んでいることを確信しました!笑
なんでブログには載せてないんだろう。。
まあそこまですっかり忘れていたので、ほどほどには楽しんだのですが。。

一度読んでいたこともあって最後はかなり思い出したので、
どうしてもさほどは盛り上がれず3点どまりですが、
最初だったら4点つけていたかもです。

後半の主人公は間違いなく真理子だと思うのですが、
彼女のおしゃべりな雰囲気がなんだかそんなに好きになれなかったので、
自分的にはそこでも盛り上がれなかったかなという感じでした。


「四日間の奇蹟」
浅倉 卓弥
宝島社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: