2011-08-18

[映画] 重力ピエロ

小説はだいぶ前に読んでいたのですが、(小説の記事はこちら
やはり重力ピエロで印象に残っているのは、「春が二階から落ちてきた。」という一文。
映画でもこの部分に重点が置かれているようだったのはちょっとうれしかったです。


原作がそもそも淡々としていたと思うので、しょうがないと思うのですが、
前半部分がちょっとストーリーに入り込めずにやや退屈でした。
本を読んだことがなければもっと興味を持てたのか、
もしくはもっと退屈だったのかもよくわからないですが。
ただ後半はちゃんと入り込んで楽しむことができました。

「春が二階から落ちてきた。」は表現として好きですが、
お父さんが「春は俺に似て、嘘をつくと唇を触る」と言うところが
ベタなのですが、たまらなく良かったです。

あと渡部篤郎の存在感!
あの手の役をやらせて右に出るものはいないですね。


「重力ピエロ」
出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、渡部篤郎など
監督:森 淳一
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: