2011-06-23

[読書] 本日は大安なり

本日は大安なり

3作連続の辻村深月。
ひとつの結婚式場を舞台に、そこで式をあげる何組かのカップルの
ストーリーを同時進行で描いています。

ちょっと話がいろんな人に行ったり来たりはするのですが、
それぞれがフクザツに絡み合うわけでもないので、
それほどに混乱することもありませんでした。
反対にもうちょっと絡んでも面白いのになーと思った感じです。

双子の入れ替わりが、最初は重い雰囲気だったのに、
二度目のときにはなんだかムキになっている感じだったのが
ちょっとほほえましかったです。


「本日は大安なり」
辻村 深月
新潮社
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: