2011-06-10

[読書] オーダーメイド殺人クラブ

オーダーメイド殺人クラブ

“オーダーメイド殺人”というタイトルのつけ方がうまいなーと思いつつ、
もしかしたらいつもの辻村深月とは違う感じなのかな?とも思ったのですが、
超辻村深月ワールドでした。

アンを中心にした女子の学校生活にプラス、オーダーメイド殺人を計画する
アンと徳川の話って感じなので、あまり共感ポイントは多くなかった気がします。
もっと普段の徳川の生活や視点も盛り込んで欲しかった気がしますが、
それをやるときっとあのラストにできないですよねえ。

読みながら、これはいったいどういう結末を迎えるのか、
それによってだいぶ印象が変わるだろうなあと思っていたのですが、
終わり方は本当にいい雰囲気だったと思います。

友人・クラスメート、家族ともなんだかんだと折り合いがつき、
ストンと収まるところに収まっているのが、普通と言えば普通かもですが、
なんかほっとした感じです。


「オーダーメイド殺人クラブ」
辻村 深月
集英社
★★★★☆(4点)

コメント / トラックバック 1 件

  1. 粋な提案 より:

    「オーダーメイド殺人クラブ」辻村深月

    中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方。
    親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆…

Comment:

Trackback URL: