2011-05-23

[読書] 犯罪小説家

犯罪小説家

雫井脩介のゾクッとする本といえばやはり「火の粉」がとても印象的なので、
この本にも結構期待をしていたのですが、残念ながらやや期待外れ。。

新進作家の待居涼司がある賞をとった小説の映画化が決定。
有名脚本家の小野川が映画監督を務めることになるが、
一方的な解釈と、過去の自殺系サイトで起きた事件を強引に絡ませようとし、
2人の間には深い溝ができていく、、
そして実際に自殺系サイトの真実が徐々に明かされていくとき、そこには意外な結末が-

という感じであらすじを書くと結構おもしろそうなのですが、
恐怖感を味わえるのは最後のちょろっとだけで、
そこに至る過程がなんだかあまりにも退屈なのでした。


「犯罪小説家」
雫井 脩介
双葉文庫
★★☆☆☆(2点)

Comment:

Trackback URL: