2011-05-06

[読書] ミス・ジャッジ

ミス・ジャッジ

堂場瞬一も本屋でわりとよく取り上げられている作家さんですが、
だいぶ前に刑事もののシリーズを読んだきりだったのですが、スポーツものも結構書いているようで、
ちょっと興味がわいたので買ってみました。

高校時代の先輩後輩が、大リーガーの投手と審判として再会し、
判定をめぐって新たな因縁が生まれ、、とストーリーとしては期待させられますし、
主人公の橘が所属するレッドソックスの試合の臨場感もあり、
帯にあった「堂場瞬一はスポーツ小説もスゴい!」というのもちょっとうなずけます。

ただ個人的には終わり方にミステリー的な要素というか、何かがあるのかな?と期待していたので、
そういう点ではやや物足りなかった感がありました。


「ミス・ジャッジ」
堂場 瞬一
実業之日本社
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: