2011-03-22

[読書] 凸凹デイズ

凸凹デイズ
仕事への情熱、仕事仲間の絆みたいなのが、なんか心に沁みそうだなーということで購入。
萩原浩ほどにユーモアを散りばめてはいないのですが、
明るいテンポの会話、文体はかなり読みやすい雰囲気でした。

主人公の凪海はもちろん、大滝、黒川、そして醐宮と、それぞれが超個性的キャラで、
それでいて互いがいい信頼関係を築いているのがたまらなくいいなーと思いました。
その信頼に至るまでに、才能に対する嫉妬心、コンプレックス、
仕事に対する葛藤など、そういうのが描かれているのも深みがあってよかったです。

こういう仲間と仕事ができたら本当にいいだろうなーと
たまらなくうらやましくなりました。

文庫には最後に書き下ろしの短編「凸凹ホリデー」というのがあり、
凸凹デイズの何年後かの話だったと思うのですが、こちらは広告代理店の磐井田が主人公。
こっちのストーリーもちょっと切ない感じもありつつ、かなり気に入りました。
同い年だし、、こっちの方が現実感?と思いながら。。

これは他の人にも読んで欲しい!と思ってあげてしまったので、
写真はiPhoneにて。iPhone 3Gマクロないのがツライ。。


「凸凹デイズ」
山本 幸久
文春文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: