2011-03-04

[読書] 連続殺人鬼カエル男

連続殺人鬼カエル男

前に読んだ「さよならドビュッシー」と同じ中山七里。
しかもなんと「このミステリーがすごい」の最終選考にこの2冊両方が残ったというのが
何ともスゴいところです。

とりあえず前の「さよならドビュッシー」もそうですが、表紙がいいですね!
連続殺人鬼でありながらこのかわいらしいカエルの絵。

ストーリーは「さよならドビュッシー」とはまた全然違う雰囲気で、
同じ作家が書いているとは知っていなければわからないかもという感じです。

ただちょっと描写が過剰な感じがする気もしました。
くどいというかなんというか。。

最後のどんでん返しも自分的にはあまりぐっとこなかったです。
とはいえ、どんどん読みたくなるストーリー展開はさすがだなと思ったので、
今後の作品も楽しみです!


「連続殺人鬼カエル男」
中山 七里
宝島社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: