2010-11-19

[読書] 最愛

最愛

昔の真保裕一の小説のほうが好きだったなーと毎回言いつつも、
新作が出るとついつい買ってしまいます。

今作はあらすじを読んでもかなりミステリー要素が高そうで、
結構面白いのではないかと期待していたのですが、、
銃で撃たれて意識不明となった姉・千賀子の痕跡をたどっていくのが
メインのストーリーになってくるのですが、
千賀子の言動にあまり共感・感情移入することができず、
その点でちょっと入り込めなかったかなーと思います。

しかしラストの弟・悟郎の告白で、なるほど〜そういうことか!!というのは
ちょっと予想もつかず、やられた!という感じです。
ちょっと重たい雰囲気であることは否めないですが、
非常に深いストーリーだなと思います。


「最愛」
真保 裕一
文春文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: