2010-11-12

[読書] 悪夢の商店街

悪夢の商店街

気に入って読んでいる木下半太の悪夢シリーズの新刊が出ていたので買いました。

今回も舞台が大阪なので、地元的なネタににやっとするところもあり、
そしていつも通りのテンポ感、笑い、人情といったものが満載です。

悪夢シリーズはたまにえっ!ていう人が死んでしまったりするのですが、
今作ではそういうこともなく、順当に単純に楽しむことのできる作品ですね。

「悪夢の商店街」
木下 半太
幻冬舎文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: