2010-10-20

[読書] 白銀ジャック

白銀ジャック

なにやら実業之日本社文庫なる新たな文庫シリーズができたらしく、
結構有名どころな作家の本が出ていました。

東野圭吾の本で、誘拐犯が出てくるようなエンターテイメント小説は
最近ではかなり珍しいな~と思いました。
かなり昔に「天空の蜂」という本を読みましたが、そのイメージをちょっと想像。

実際に読むと、そこまでアクションって感じではなかったのですが、
最後の最後までどうなるのか?というのを引っ張りつつ、
そして最後にすべてを見事にまとめてしまっているのはさすがだなーと思いました。

舞台は違えど、ちょっと似たような話を読んだような気もするのですが、
単純に楽しんで読むことができました。


「白銀ジャック」
東野 圭吾
実業之日本社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: