2010-10-09

[プロ野球] ペナント終了

セ・パともに大激戦だったペナントレースは、中日、ソフトバンクがそれぞれ優勝。
西武にとってはかなり残酷な幕切れでしたねえ。
セ・リーグは3強になっていた頃から投手力のある中日が有利という意見が多く、予想通りの結果となりました。

阪神ファンとしては優勝逃す、平野の首位打者も無理、ブラゼルのホームランキングも無理と、
最後に不完全燃焼な感じはありましたが、最後に巨人がコケてくれたおかげで2位となって
CSは初の甲子園開催になったのはうれしい限りです。

さて前半戦のときと同様に、阪神の戦いぶりをシーズンを通して独断で振り返りたいと思います。


今年はなんといっても「新ダイナマイト打線」とも言われた強力打線が印象深いですね。
ここ数年はピッチャーに頼りっきりなイメージが強かったのですが、
今年の打線のおかげで勝った試合もたくさんあったのではないでしょうか。

しかも!金本がケガでシーズンのほとんどがベストパフォーマンスでない中で、
これだけ打線が引っ張っていけたのはすごいことだと思います。

3割を超えたのが、マートン、平野、鳥谷、新井、城島と5人もいて、
ブラゼルも後半にやや失速しましたが、3割近い打率で、ホームランがなんと46本!
こんなホームラン数を阪神で見たのは久しぶりです!

でもやっぱりMVPはマートンですね!
試合数が違うとはいえ、あのイチローの記録を塗り替える安打数、
あの赤星が抜けたことを感じさせない活躍というのは並大抵ではありません。
文句なしのMVPでしょう!

もちろん城島もメジャー帰りで1年目から3割超え、
ホームランもブラゼルに次ぐ28本と見事な活躍でした。
シーズン当初は矢野も併用でいいのでは?と思っていましたが、
矢野の故障もあって、より城島の存在が大きくなったように思います。

新井も金本が故障離脱した後に、ずっと代役4番のプレッシャーを受けながら
3割打ったというのは自信になると思います。

鳥谷もついに3割!これでさらに一皮むけてくれるでしょうか。
ただホームラン数19本はもったいない!20本は常に超えて欲しいところです。

平野も打率はヤクルトの青木に次ぐ2位は立派です!
1番のマートンの出塁率が高かったので、犠打の記録も作りました。
失敗も多かったようですが、、それは来期の課題ってことで!

とまあ打撃陣はよく頑張りましたね。
とはいえ、打線は水物。
今年の阪神もここという場面で点が取れないことは多かった印象です。
来年はソツなく点を取る部分もぜひ磨いて欲しいところですね!

一方、ピッチャーは能見、岩田の離脱、安藤の不振という先発陣のコマ不足と、
久保田が不安定な時期があったことと、西村が後半に調子を落としてしまったことで、
阪神としてはひさびさに後ろのピッチャーまでが心許ない感じになってしまいました。

先発陣のコマ不足はここ数年毎年言われていることなので、
来年もここの強化は必須なのですが、それよりもやはり藤川球児の前をどうするかは
かなり重要な課題だと思います。
ひとつ前は久保田で問題ないですが、久保田の前をどうするか、
久保田も登板過多になりすぎないように、何人かはピッチャーを揃えたいところです。


とまあ来年のことについても書いてしまいましたが、
とりあえずはCSです!
CSで一度も勝てていない阪神、今年こそCSを突破して日本シリーズ出てほしいです!!

Comment:

Trackback URL: