2010-06-30

[サッカー日本代表] パラグアイ戦、無念の敗退

悔しい!悔しすぎる!!
初のベスト8進出をかけた決勝トーナメント1回戦、パラグアイに0-0で、延長でも決着はつかず、
PK戦3-5の敗退となってしまいました。


まず、パラグアイとの試合内容については、これまで同様に守備重視の形からしっかり入って、
スキをついてのカウンター&ファウルをもらってFKを狙うというのはもうこれしかないでしょうと思いました。
ですが、やっぱりパラグアイは上手かったですね。
守備ももちろんしっかりしていましたし、中盤のキープ力も日本よりかなり上だったように感じます。

得点が取れなかったことについては、もちろんこれからの日本の課題だと思うのですが、
途中から初出場の中村憲剛を入れたりと、攻める姿勢は感じました。
もちろんよく言われる森本を見たい!というのはかなりありましたが、
そこはやはり岡田監督なりの考えがあったんだと思います。

海外からはつまらない試合という評価もあったようですが、まあしょうがないですね。
どちらも守備に意識があったのは間違いないですし、結果が0-0なんですから、
自国の試合でなければそりゃあおもしろくないでしょう。。
予選のブラジル-ポルトガルも見てておもしろくなかったですからね。。

そして運命のPK戦。
日本のPK戦といえば、やはり中田のシドニーを思い出していいイメージがないのですが、
正直今回は川嶋が2本くらい止めてくれるんじゃないかと期待していました。
が、そうそう甘いものではなかった。。
もう本当に悔しかったですね。選手たちの悔しさは想像することもできません。

残念ながら今回は駒野が外してしまったわけですが、マスコミはじめみんなが言っているように
駒野を責める人は誰もいないでしょう。このあたり日本の美徳だと思います。
ここまでレギュラー選手の中で1、2を争う地味さだった駒野がこういう形で目立ってしまいました。
でもこれを逆手に取って、まだまだこの先も頑張って欲しいです!!

とにかく、今大会の日本はベスト16での終戦となってしまいましたが、
日韓大会以来の盛り上がり、本当に素晴らしい戦績、試合だったと思いますし、
結果だけでなく団結力という点でも見ている人に感動を与えるチームでした。
選手たちの「このメンバーでの試合をすることが終わってしまったのが残念」という言葉が
テレビを見ていてもヒシヒシと伝わってきました。

選手、監督、スタッフのみなさん、本当におつかれさまでした!
そして感動をありがとう!!というしか言葉はないですね。
今回のワールドカップが日本サッカーの大きな発展につながると信じています。

Comment:

Trackback URL: