2010-06-25

[サッカー日本代表] デンマーク戦勝利&決勝トーナメント進出!!!

ついにやりましたーー!日本代表、予選を突破してベスト16入りです!!!
深夜の試合開催でもこんな試合を見れるなら十分に価値があります!
本当に興奮する試合でした!

デンマーク戦はかなり厳しい試合になると思っていたのですが、
意外や意外、前半に2-0となったので、見る側のプレッシャーは3試合中一番少なかったです。
(もちろんやっている選手はそんなことなかったでしょうが)


やはり得失点差の関係で、引き分けでも決勝トーナメント進出というのは、
日本にとって精神的にかなり有利だったと思います。
もちろんそういう状況をカメルーン戦、オランダ戦で作れたというのが
大きなポイントだったのではないでしょうか。
その2試合では守備的な試合内容について批判もかなりありましたが、
W杯本番という中では何よりも結果が一番!
3試合トータルで本当に戦略的ないい戦いだったと思います。

さて、デンマーク戦ですが、デンマークは勝たないと予選を突破できないので、
正直もっとガンガン攻めてくると思っていました。
とはいえ、日本は最初のうちはフォーメーションを変えていたこともあり、
デンマークのパスが面白いように通って、ヒヤヒヤものでしたが。

でもそこでしっかり耐えることができるようになった守備陣!
そしてシステムを元に戻して、安定感を取り戻すと、
本田の豪快なFK、遠藤の芸術的なFKと、2本のFKで2-0とリード!!
日本はセットプレーでしかなかなか得点できない、なんてことも昔言われていましたが、
ワールドカップという大舞台で点が入るならどんな形でもOKです!!

試合後のVTRで何度も何度もこのシーンを見ましたが、
本当にどちらのシュートも鳥肌モンです。

前半を2-0で折り返し、後半も最初のうちはしっかり耐えしのいでいたので、
本当に楽な気分で見ていたら、長谷部のファウルでPKを献上・・・。
えーあれでPKなの~という感じでしたが、もちろん判定は変わらず。
トマソンのPKを川嶋が一度は止めるものの、はじいたところを押し込まれて2-1。

残り時間もさほど多くなく、あと1点取られて引き分けでもまだOKなのですが、
流れが変わるかもしれないという意味でちょっと心配な失点でした。

ところが!この後も日本はベタベタに守るのではなく、
本田の見事な切り返しから、フリーの岡崎へのパスで、岡崎がGOOOOOOOAL!!!

オランダ戦とは違ってこの試合の本田はキープ率も非常に高く、
そして得点もアシストも記録と、神がかり的な大活躍でした!
オシムさんも本田を持ち上げることを許してくれるかな?(笑)

そしてそして3-1のまま試合終了のホイッスル!!
まさかまさか3点も取って日本が快勝するなんて、誰が予想したでしょう。
これで日本の守備的な戦いを批判していた方々も黙るしかないのではないでしょうか。
ゲストの中田英も「リードしても攻め続けて勝った。これが見たかったサッカーです」とまで絶賛!!
代表史上、最高の試合だったといっても過言ではないかもしれません。

でも岡田監督は冷静に、「カメルーン戦の勝利があったからこの試合がある。
そういう意味ではカメルーン戦の勝利が印象に残っています。」とのこと。
やはり3試合をトータルできっちり考えていたコメントですね~。

この試合に関してはなんと言っても本田のすごさが際立っていましたが、
本当に出ているすべての選手が存分に力を発揮していたと思いましたし、
控えの選手やスタッフとともにチームとしての団結力が素晴らしかったように感じました。


そしていよいよ決勝トーナメント!最初の相手はパラグアイです!
予選を勝ち上がってきたチームはどこも強いとは思いますが、
やはりドイツやアルゼンチン、ブラジルといったところよりはまだいい勝負ができるのではないかと思います。
なんといっても目標はベスト4!!
まだまだ上を目指して頑張って欲しいですね。

NIPPONファイト!!!

Comment:

Trackback URL: