2010-06-15

[サッカー日本代表] 祝★カメルーン戦勝利!

やりました!!!戦前の予想を覆す勝利です!!!
おめでとうございまーーす!!

1トップで起用された本田がゴールしての勝利とは、
まさに岡田監督の采配がズバリってことで、これでマスコミや世間の評価もガラッと変わるでしょうね。


先制ゴールはもちろん大興奮だったのですが、
やはり「先制して逃げ切れるのか・・・」という不安も大きかったです。
先日のイングランド戦もそうですし、4年前のドイツ大会の日本-オーストラリアは、
予選の初戦で先制しながら逆転負けした唯一のチームがなんと日本だったとのこと!!

そして予想通り後半はほとんどカメルーンがボールを支配し、
日本はまったくボールキープできない状態で、ハラハラなシーンの連続でした。

というわけで内容だけを見ると、やはり先制した後の試合運びには
まだまだ改善の余地が残ったままだと思います。
韓国戦も見ていましたが、韓国の試合運びは見事で、きっちり2点目を取って試合展開を楽にしました。

でも!!ワールドカップは正直内容なんてどうでもいいんです。
結果こそがすべての世界。
結果を出せば、本田のFW起用も大会直前のシステム変更も評価されてしまうものです。

もちろん、ディフェンスがとにかく耐えしのいだこと、
長谷部のシュート、その後オフサイドでしたが、岡崎のポスト直撃シュートという見せ場が1回あったのは
イングランド戦からの成長かなと思います。


また、いろんな方のコラムも読ませてもらいましたが、
直前で結果重視のシステムに変更してしまうことで、
日本サッカーが目指してきた将来像はどうなるのか・・・といったものもありました。
ですが、私はシステムや日本サッカーのスタイルといったことよりも
ワールドカップという大舞台で勝利という結果を残すことが
何よりも日本サッカーの将来を明るくするんじゃないかなと思います。

あるサイトのアンケートでは、直前のシステム変更の賛否を問うというのもありましたが、
私は今回の勝利という結果を抜きにして賛成でした。
より現実的な守備的なスタイルに移ったわけですし、
周囲から選手選考でも代わり映えしないと批判されながらも、
コンディション重視で先発メンバーを変えてしまったこと、
本当にやれることはすべてやるんだ!というのを感じました。

そしてそういった直前のメンバー、システム変更があっても選手たちがきっちり対応できたこと。
これが何よりもすごいことなんじゃないかと思います。
これはワールドカップという舞台に向けてみんながしっかり準備をしていたということ、
そして監督と選手たちの信頼関係ができていたからこそではないでしょうか。

私は個人的には岡田監督が好きというわけではないですが(ゴメンナサイ)
世間があれだけ辞任すべきと言っていても、選手との関係がギクシャクはしていなかったので、
そのあたりであえて大会前に監督を変えなくてもいいだろうなと思っていました。
カメルーンが内輪もめで主力選手が出なかったのとは大違いですよね。


それからテレビを見ていた思ったのですが、どうも日本のサッカー解説者やゲスト出演している人は、
サッカーの戦術であったり技術的な解説が少ないですよね。
圧倒的にメンタル面のコメントが多い気がします。
(岡田監督もそうなのですが、それは情報を隠してるのかな?といいように解釈しています。)
もちろん高いレベルになればメンタル的な要素が大きいと思うのですが、
もうちょっと技術的な話もある方が、テレビを見ているサッカー少年たちのためになる気がしました。


何はともあれ、地元開催以外でのワールドカップ初勝利!
本当にうれしかったです!
次のオランダ戦、デンマーク戦もがんばってください!!

Comment:

Trackback URL: