2010-05-31

[サッカー日本代表] いい試合、でも勝てるのか?

かなりひさしぶりに代表の試合、イングランド戦をを最初から最後まで見ました。

前半の早い時間帯でセットプレーから闘莉王の先制ゴールがあり、
ダイレクトでのパス回しがこんなにできるのか!というくらい連携したプレーで、
イングランドが相当ひどかったことを差し引いても、30分くらいまでは本当にいい内容でした。



ところが前半の最後のあたりから、徐々に防戦一方となり、
後半に入ってもまったく変わる気配はありません。
それでも比較的危ない場面は少なかったと思うのですが、
とにかくボールキープができず、実にあっさりとボールを奪われてしまいます。

そんな中でイングランドのフリーキックで本田のハンドがあり、
イングランドにPKが与えられてしまい、同点はしょうがないと誰しもが思ったのに、
GK川島がこれを見事に止めたのです!!
これで流れが変わるかと思いきや、やはり防戦一方の流れは変わらず、
闘莉王のオウンゴールで同点になってしまいます。

もはやこれは必然の流れ。
こうなると4年前のオーストラリア戦や、後半だけで3失点したオランダ戦を思い出してします。
そして私としてももしこのままの内容なら、下手に引き分けで終わって、
「イングランドとドロー」などという評価を得るよりも、
負けて反省点がクローズアップされるほうがいいのでは?という
すっかり冷めた目線になってしまいました。

結果としてはさらに中沢のオウンゴールで1-2の敗戦。
韓国戦を見ていないので、比較はできないのですが、
前半の内容はここ最近では本当に良かったと思います。

ただし問題に感じるのは、結局のところ勝てなかった、という事実。
もちろんイングランドに簡単に勝てるとは思っていませんが、
今日のイングランドのコンディションを見る限りでは、
内容うんぬんよりもがむしゃらに勝つことを追求する必要があったのでは?と感じました。

イングランドの選手はインタビューで「勝ったことが大事」と言っていました。
試合内容はかなりイングランド国内でもたたかれたようですが、
ワールドカップという舞台で重要なのは、内容ではなく勝つことです。
それを練習試合のときから必死にやっておかないと本番でできるとは思えないのです。

もちろん選手も監督もみんな必死にやっているんだと思います。
でもこの「試合で勝ちを拾うこと」に関してもっとできるようにならないと
ワールドカップで勝つことは簡単ではないのではないでしょうか。

いろんな人のコラムなども読みましたが、
やはり一番印象に残ったのはオシム前監督の言葉です。

「残念なのは残り20分、もたなかったこと。
1-0で勝っているのに、前に前に走って、ボールを取られて戻ることを繰り返していた」

「もう少し勇気と、最後まで耐え抜くという意地がほしかった」

(阿部に)「あんなにいいプレーをしたのを見たのは記憶にない。ちょっとお世辞だが」

(サンスポ、産経ニュースより抜粋)


オシム監督は好きですが、今はもちろん岡田JAPANで頑張って欲しいです!
この試合のいいところ、悪かったところを生かして本番頑張ってほしいなーと思います。

Comment:

Trackback URL: