2010-05-15

[読書] 告白

デビュー作でありながらも本屋大賞1位で映画化もされるなど、
まさに話題の1冊が文庫化されたので買ってみました。
(以下ネタバレもあります。)



第一章の「聖職者」で小説推理新人賞を受賞しているとのことなので、
この第一章だけでも成り立つということなんでしょうか?
正直、この一章で終わりで、これは短編小説集なのかと思ってしまいました。

いろんなレビューを見ると第一章で終わった方が良かったという意見も多数あるようです。
確かに第一章のインパクトが一番印象に残っている気がします。

あまり共感できる登場人物もおらず、かなり偏った人物描写だとは思うのですが、
「悪いのはあなた自身」という部分を強調しているあたりに、
白黒をはっきりさせる気持ちよさはあったかな、と思います。

本を最後まで読んで感じたのは、
森口先生の冷静でいてかつ徹底した怒りのパワーのすごさでしょうか。
ある意味うすら寒い感じもありましたが。


「告白」
湊 かなえ
双葉文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: