2010-03-07

[読書] 使命と魂のリミット



読み始めは最近の東野圭吾らしく(?)、ちょっと重たいなあと思っていたのですが、
途中からはかなりどういう結末を迎えるのか、と気になって一気に読みました。

「使命」という言葉をキーワードに、事件やいろんな人々の想いが交錯し、
読み応え、読後感ともに満足な1冊でした。


「使命と魂のリミット」
東野 圭吾
角川文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: