2009-12-09

[阪神] 赤星引退!!!

「赤星引退」
この文字がYahooニュースから飛び込んできて、絶句してしまいました。



首のケガはこれまで報じられてきたものよりもっと重症で
これ以上プレーし続ければ、命の保証はできないというものだったとか。
まだ33歳でケガさえなければ十分トップクラスの選手としてやっていける彼にとって
いかほど辛い決断だったかと思うと、こちらまで本当に悲しくなってしまいます。

「新庄の穴を埋める」と言い切った入団会見にはじまり、
赤星がいる間は誰も勝てないと言われた5年連続の盗塁王、
金本のヒットで1塁から瞬く間にホームインしてしまう疾走感、
星野監督に抱きかかえられた2003年の優勝決定タイムリー、
盗塁の数に応じて車椅子をチャリティーで寄贈したり、
オールスターでは盗塁できないようにとカブレラにユニフォームをつかまれ、
2004年日米野球ではオルティスから「スーツケースに入れて持って帰りたい」と言われたエピソード、、、
本当に記録にも記憶にも残る素晴らしい選手だったと思います。

そして赤星のおかげで阪神の、いや野球界で機動力というものの大切さが再び脚光を浴び、
赤星が引っ張っていったからこそ阪神は常勝チームへと変わることができました。

もう赤い星のカードでいっぱいになったライトスタンドを見ることもできないんですねー。
本当に本当にさびしい気持ちでいっぱいです。

赤星の公式サイトにはもう1000件を超えるコメントが寄せられていて、
阪神ファン以外からも温かいメッセージが届いていました。

9年間本当におつかれさまでした!
ケガを早く治して、再び野球界に貢献してくれることを楽しみにしています。

Comment:

Trackback URL: