2009-11-05

[MLB] 松井秀喜MVP!日本人メジャーリーガー最大の快挙

野球シーズン最後の最後に、とてつもなくBIGで興奮する快挙を日本人メジャーリーガーが成し遂げました。
ヤンキース・松井秀喜のワールドシリーズMVPです!



最終戦となった第6戦まででも、松井はMVP候補の1人でした。
第2戦での勝ち越し弾などホームラン2本で9打数5安打。
ただDHとしての出場なだけに、フィリーズの地元では代打のみとなり、本命ではなかったはずです。

そんな中、最終戦は先制アーチをはじめ、2本のタイムリーで6打点の大活躍!
(ワールドシリーズ1試合での打点タイ記録)
特に2本目のタイムリーはあと少しでフェンスオーバーという当たりでした。
そしてこの試合でヤンキースがワールドシリーズ制覇したわけですから文句なしのMVPでした。
松井の第4打席ではスタンドのファンからMVPコールが起こったほどです。

大リーグでの記録といえばイチローですが、今回の松井のMVPは
これまでの数々のイチローの大記録をはるかに上回る快挙だと僕は思います。
やはり野球はチームが勝ってこそのスポーツですから、
ワールドシリーズ優勝、そしてシリーズのMVPというのは最大の名誉ではないでしょうか。

監督や同僚の選手から「勝負強い」「勝ち方を知っている」と評されるのは、
それだけチームの勝利にこだわる松井の姿勢をあらわしていると思いますし、
それだけに今回のMVPが松井にふさわしいもののように感じました。

僕自身は阪神ファンで、巨人時代の松井には何度も泣かされてきましたが、
松井だけは巨人の中でも好きな選手だったので、このBIG NEWSは本当に興奮しました!
メジャーで通用している唯一の日本人ホームランバッターとして、
来年以降も活躍を期待したいです!!

Comment:

Trackback URL: