2009-08-02

[読書] グラスホッパー



会社の子にマンガの「魔王」を借りていて、この本を読んだかどうか
あやふやな感じになっていたのですが、やっぱり読んだことがなかったみたいなので、
ちゃんと読むことにしました。

妻の復讐を果たそうとする男と、3人の殺し屋たちという相変わらず個性的なキャラ構成ですが、
それぞれがまた独特の味を持っていて、惹きつけられてしまいます。
あ、鈴木の亡き妻もかなり個性的なキャラでした。

バタバタとした展開の中で、終わり方については賛否両論かなーと思いますが、
ストーリーうんぬんよりも、登場人物それぞれの信念や苦悩、
そういったところがいいなーと思えたので、気持ちよく読めました。


「グラスホッパー」
伊坂 幸太郎
角川文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: