2009-05-11

[読書] てのひらの闇


久々に読むハードボイルド小説。

ナゾのビデオテープとある人の自殺のナゾを追う、
とあらすじはなかなか面白そうだったのですが、
やはりミステリー的な要素よりも、
ハードボイルド感がまさってしまっていて、
もうちょっとそのあたりでハラハラ・ドキドキ感が
欲しかったなと思いました。


「てのひらの闇」
藤原 伊織
文春文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: