2009-04-12

[読書] いつもの朝に

   
家族の絆を描く感動ストーリーと読んでも、
ミステリーとしての趣向から読むにしても、
とても良くできた作品だと思います。

桐人や優太はもちろんのこと、母の沙羅、千夏、福田ヨシ、尊道など
出てくる登場人物の人間性がとても豊かで
そこがまた独特の優しさを作っているように感じました。


「いつもの朝に」(上)(下)
今邑 彩
集英社文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: