2009-01-20

[読書] 押入れのちよ



荻原浩にはめずらしい短編集です。

いかにも荻原浩ワールドというものから、
少し意外な雰囲気のものまで、
いろいろ楽しめるといえばそうなのですが、
個人的には荻原浩ワールド全開が好きなようです。。

タイトルになっている「押入れのちよ」の話が一番好きでした。


「押入れのちよ」
荻原 浩
新潮文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: