2008-09-10

[読書] 殴られ屋の女神


1発千円で殴られる商売の男というストーリー設定は面白いし、
短編なので読みやすさもあったのですが、
そんなにいろんな人が殴られ屋に相談持ちかけるかな・・・という
根本的なところと、礼子の存在があまり共感できないことが
最後までひっかかっていたような気がします。

途中で気づいたのですが、気に入っている作品である
「コンビニ・ララバイ」と同じ作者でした。
確かに話の雰囲気はかなり似ていると思います。


「殴られ屋の女神」
池永 陽
徳間文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: