2008-08-15

[読書] 陽気なギャングが地球を回す


伊坂幸太郎の独特な言い回し、ユーモアセンスはかなり好きです。
特に今回は登場人物がみなかなり個性的で、
会話もほとんどボケとツッコミ的な感じがありますが、
なんとなく心地よく読めてしまいます。

ストーリー自体、さほどややこしいこともないのですが、
4人(祥子もいれたら5人かな)の会話と、
テンポのよさで、理屈ぬきに楽しい!と思える1冊です。

さほど本筋と関係ないかと思うのですが、
“人の上の立つ人間の仕事は、「決断すること」「責任を取ること」の
 二つしかない、と雪子は思っていた。”
というところがとても印象に残りました。
自分もそうありたいものです。。


「陽気なギャングが地球を回す」
伊坂 幸太郎
祥伝社文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: