2008-08-13

[読書] 容疑者Xの献身


最近、社会派ストーリーが多かったような気がする東野圭吾。
ガリレオシリーズは湯川のもったいぶったキャラが
正直なところあまり好みではなかったのですが、
(さらにいうと福山もイメージと全然違う・・・)
直木賞もとったこの本は、文庫になったら読みたいと思っていました。

天才ともいえる数学者が仕掛ける崩れそうで崩れない
アリバイトリックというのは王道的なミステリーという感じで、
そのトリックも!!!と、唸るしかありませんでした。

やっぱり東野圭吾はこうでないと~と思わせる作品です。

「容疑者Xの献身」
東野圭吾
文春文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: