2008-07-15

[読書] クローズド・ノート


エリカ様騒動ですっかりミソのついた感のあるこの作品ですが、
でも雫井脩介は好きな作家の一人なので、
あまり気にせずに読むことにしました。

ある程度のストーリーは知っていたのですが、
前半部分の万年筆のウンチクあたりは文具好きな自分には
かなりツボな感じで、単純に万年筆が欲しくなりました(笑)
後半部分は正直言って完全に読めてしまったのですが、
最後の最後はあーうまい!と心から感動できるシーンだったと思います。

雫井脩介の初期の作品(「虚貌」「火の粉」)がかなり好きだったので、
次回はそういったサスペンス的な話をぜひとも書いて欲しいです。

「クローズド・ノート」
雫井 脩介
角川文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: