2008-06-27

[ディレクション] ディレクターという仕事

バッグ
Canon PowerShot G9 : F3.2, 1/10s, ISO100, 7mm (Manual)

最近Web雑誌を見ていても、“ディレクター”の特集が増えて、
“ディレクター”という職種はすっかり定着したように感じます。

自分自身も制作メインの仕事から、最近はディレクション的な仕事の割合が
ずいぶん増えました。


特にあるバッグブランドに昨秋から関わり、
ショッピングの売上向上や、サイトの見せ方、コンテンツ企画といったことを
かなり自分の自由なやり方で進めることができ、
結果としても大きな成果を出すことができたので、
ディレクションという仕事の楽しさを改めて知ったように思います。

と同時に、ほんの一部の制作以外は指示を出すだけの自分に対し、
商品を確保し、ブランド全体の調整を行ってくださるブランドの担当者の方や、
自社においても、デザインをするスタッフ、システムを構築するスタッフ、
そして発送から問い合わせ対応までこなしてくれるスタッフと、
多くの人たちがきっちりと仕事をこなしてくれるからこそ
自分のポジションがあるんだなということを痛感します。

“ディレクション”の言葉どおり、方向を指し示して進めていくことは
簡単なようでなかなか難しい仕事であるとは思いますが、
いいスタッフがよりスムーズにしてくれていることへの
感謝の気持ちは常に持っているようにしたいものです。

Comment:

Trackback URL: