2008-03-11

[読書] パンドラの火花


未来の死刑囚がタイムマシンで過去に行かされ、
自分自身を説得できるかというお話。

死刑囚やともに過去に向かう監視官の視点でも心理的描写がかかれ、
さらにいきなり違う話になってるのも面白い。
(オムニバス形式かと思ってびっくりしたけど)

どー考えても続編作るつもりなんちゃうの!と思ったけど、
解説を読むと違うのかなあ。

すべてに救いがあるストーリーになっていないというのが
ちょっと考えさせる感じにはなってるかな。


「パンドラの火花」
黒武 洋
新潮文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: