2008-01-13

[読書] 彼女について知ることのすべて


「その夜わたしは人を殺しに車を走らせていた。」
というはじまりがうまい感じがして買ったものの、
なんなんだこれは・・・というままに終了。

主人公の性格もひねくれすぎててイヤになってくるし、
時系列がまったくバラバラにされているのも、
正直言って読みにくいだけだった。。

時系列の全体像が見えてきてようやく読みやすくなったけど、
終わりも結局何がいいたいのやらって感じのままでした。

「彼女について知ることのすべて」
佐藤 正午
光文社文庫
★☆☆☆☆(1点)

Comment:

Trackback URL: