2007-08-21

[読書] Fake


カンニングからポーカーという流れがちょい強引な気もするけど、
読みやすいのは読みやすい。

問題は本の後ろのあらすじ。
そこを読んで本を買ったけど、詳しく書きすぎのために
ポーカーのハラハラ感がなくなってしまった。

あとは主人公の詰めの甘さが読者でもわかるくらいなのは
どうかな~。
同じ手に相手が引っかかるわけないやろーと思ってしまう。

「Fake」
五十嵐 貴久
幻冬舎文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: