2007-06-18

[読書] しゃべれどもしゃべれども


以前になんばパークスでゆうくんが寝てしまったとき、
本屋のソファに座っていたら、この映画の予告がずっと流れてて
面白そうやなあと気になっていたんで本を購入。(映画は断念・・・)

主役の三つ葉もいい雰囲気出してるけど、
それ以上に、十河、村林、湯河原の(あ、おばあさんも)存在感がいい!
(良はもうひとつ・・・)

ちょーっと話が村林に偏りすぎな気もするけど、
それぞれが不器用ながらに努力してて、
でもすんなり上手くはいかなくて、でもまだあきらめないで
っていうのがなんとも自然に描かれてて、
なんとも心にゆっくり染み入る感じがする。

読んだあとは「ゆず」が聞きたくなった(笑)

「しゃべれどもしゃべれども」
佐藤 多佳子
新潮文庫
★★★★★(5点満点!)

Comment:

Trackback URL: