2007-06-12

[読書] 水の迷宮


昔に読んだ「月の扉」の状況設定の甘さがどうも気に入らなくて
一瞬買うのをためらってんけど、話としては面白そうだったんで購入。
結果からいうと買って大正解。
今回は特に細かいところを気にすることなく一気に読めた。

水族館の直接の関係者ではない深澤が事件を解決したり、
犯行の“正当化(?)”みたいなのは「月の扉」に似てるけど、
今作のほうがかなり納得できた。

水族館という限られた空間、少ない人物の中で、
誰が犯人なのか、動機は何なのか、
過去と未来を絡めてうまく考えてるなーと感心。

「水の迷宮」
石持 浅海
光文社文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: