2006-07-06

[読書] コールドゲーム

再び荻原浩。
高校生とかの少年が主人公の小説って、主人公の周りが個性的で
主人公は誰にでもなじむというパターンが多い気がする。

今回の話もミステリーの要素とユーモアの要素が絶妙で、
どういう結末に向かうのかすごい気になって一気に読めた。

そしておそらくこの小説の重要なテーマである「いじめ」についても
いじめる側といじめられる側の心理、大人の反応、反省すべき部分と、
どうしようもないという部分などなど、なかなか上手い距離感で
描かれていると思う。
もうちょい主人公がいじめで苦労した話があっても良かったけど。

しいて言うなら、最後の最後はわざわざあんなホラー映画に
ありがちな感じにしなくてもいいんちゃうかな~。

「コールドゲーム」
荻原 浩
新潮文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: