2006-06-22

[読書] クライマーズ・ハイ

全然知らんかったけど、横山秀夫は元々群馬県で新聞記者を
していたらしい。
なので、今回の話の舞台はまさに勝手知ったるという感じで
文章にも臨場感がヒシヒシと伝わってくる。

日航機の事故を扱ったものといえば、『沈まぬ太陽』が印象的やけど、
今回の話はあくまでも日航機の事故を扱う新聞社が舞台なので、
事故の詳細などはほとんど出てこない。
それでもあの事故がいかに衝撃的なものだったかというのは
今更ながらに感じてしまうなあ。

そしてその事故当時(過去)と並行して進む現在の状況。
息子とうまくコミュニケーションできないとかって、
ああ、いつかはそんなことで自分も悩んだりするんだろうかと
心配してみたり(笑)。

終わり方もすがすがしい感じがして気持ちいい。
あの終わり方を読んだ限りでは、もういい加減息子との仲も
よくなっていそうなもんやけど。

「クライマーズ・ハイ」
横山 秀夫
幻冬舎文庫
★★★★★(5点満点)

Comment:

Trackback URL: