2006-06-05

[読書] 神様からひと言

痛快サラリーマン活劇という感じだろうか。
思ってたよりもちょっと軽すぎるタッチやったけど、
単純に楽しめるストーリーだと思う。

主人公も決してやる気に満ち溢れているわけでないのに、
周りの人間の影響(反面教師!?)で、前向きな方向へと
進んでいくのが読んでいて気持ちいい。

「神様からひと言」
荻原 浩
光文社文庫
★★★☆☆(3点)

Comment:

Trackback URL: