2006-05-31

[読書] 香乱記

中国の歴史モノといえば三国志やろうけど、
この話はそれよりもまだ前の秦の始皇帝の時代。
秦が滅んで、漢の時代が来る、劉邦やら項羽も名前はなーんとなくは
知ってたけど、当然ながら田横なんてちっとも知らなかった。

あまりメジャーでないけど、誰からも慕われた田横を中心に描いて、
劉邦、項羽のイメージも一般的なものとは違うみたい。
その是非は置いといて、魅力的な人間がたくさん描かれていて、
(もちろんそれ以上に嫌な人間もたくさんいるけど)
特に田横の周りには本当にいい人が集まっている。
そんな田横に天は振り向いてくれないところが、
なんとも哀しいところでもある。

四巻もあるので、途中ちょっとしんどいときもあったけど、
最後はせつない終わり方でちょっと感動。

「香乱記(一)(二)(三)(四)」
宮城谷 昌光
新潮文庫
★★★★☆(4点)

Comment:

Trackback URL: